新着情報

皮膚科・美容皮膚科休診のお知らせ

誠に勝手ながら4/27(土)の皮膚科・美容皮膚科診察は休診とさせていただきます。

なお、内科は通常通り診察をおこなっております。

ご迷惑をおかけいたしますが何卒よろしくお願いいたします。

花粉症治療

花粉がひどくなってきました。

毎日多くの患者さんがいらしております。

抗ヒスタミン剤をメインに処方しておりますが、内服でのコントロールができず、毎年ケナコルト注射をおこなっている方に対しては状況に応じてケナコルト筋注を行っております。

ゾレアは高価ですし、林業や農業従事者のかたで症状がひどい方などに対しては致し方ないかなと思っておりますが、安易に使用すべきではないと思います。

ケナコルトは副作用も多く、糖尿病などのご病気がある方には禁忌となります。ご来院の際には必ず健康診断の結果や糖尿病がないことがわかる採血結果などお持ちください。

なお、同意書の記入もおねがいしております。

よろしくお願いいたします。

インフルエンザワクチン終了

今期のインフルエンザワクチン接種は終了いたしました。

デルマトロン導入

近々、皮膚科でデルマトロンを導入します。

中周波域の微弱電流により、アクロコルドンや老人性いぼ、薄いしみを治療することができます。

液体窒素では色素沈着が生じることがありますが、デルマトロンでは色素沈着は生じにくいといわれております。

私自身、アクロコルドンが非常に多いでのですが、液体窒素はめんどうなのではさみでちょきんと切っておりました(大きいものは悶絶する痛みですし、血もでます)。

デルマトロンはピリッとはしますが、痛みというほどではないので私自身大変助かります。

そして顔の髭剃り時にアクロコルドンを切ってしまい、出血することもなくなりそうです。

保険診療の適応ではないため、自費診療となります。価格が決まり次第、ホームページに記載いたします。

プラセンタ注射

ラエンネックの本数制限はなくなりました。ご迷惑をおかけいたしました。メルスモンは1回1Aまでを継続します。

メルスモン保険診療の新規治療、ラエンネック自費治療は再開といたしますが、急激に増加した場合は再度中止になります。その際はこちらでお知らせいたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

板橋区健康診断、区助成のワクチン(肺炎球菌、帯状疱疹、子宮頸がんなど)の開始時期に関しまして

板橋区健康診断、区助成のワクチン(肺炎球菌、帯状疱疹、子宮頸がんなど)を、6月19日ころから予定しております。

6月12日以降に電話予約開始いたします。

お待たせして大変申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

 

医療情報・システム基盤整備体制充実加算

令和5年4月1日より、健康保険法の診療報酬算定に基づき、「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」を算定します。
受診時にマイナ保険証をカードリーダーにかざし、特定健診情報や薬剤情報等の提供に同意されなかった場合、追加のご負担が発生します。
(例:受診時にご自身でマイナ保険証をカードリーダーにかざし、特定健診情報や薬剤情報等の提供に同意していない、通常の保険証を提示した など)

住所 板橋区高島平1丁目55番5号
シャトー・ドゥ・ペール2F
電話 03-6906-7470

内科・消化器内科

診療時間
9:30~12:30
16:00~18:00
内視鏡検査
12:30~16:00 -

皮膚科・美容皮膚科

診療時間
9:30~14:00
15:00~18:00

▲土曜日は9:30〜12:30

DR.BRIDGE|クリニックホームページ作成クリニックホームページ制作
TOPへ